■ 代表挨拶 ■

 私ども株式会社関西オークラは、ポリオレフィン樹脂の加工販売事業を通して「ステークホルダーの皆様の期待に応える」ことを使命に、全従業員が持てる力を発揮している会社です。我々が特に重要と考えるステークホルダーは、お客様、従業員、株主、社会です。
 お客様の品質要求や顧客満足の期待に応え、従業員の従業員満足に応え、株主への利益貢献、そして社会の環境共生やコンプライアンス、地域貢献という期待に応えていきます。その実現に向けて社員一人ひとりが学習し成長することが、企業の成長につながると考えています。
 我々の製品は、日用品から食用品、医療医薬から電子材料まで、広い分野の包装資材、保護資材として使用されています。そのニーズも低コストから高品質・高機能まで実に幅の広いものです。特に近年の安全・安心ニーズに応える為、クリーンルームでの加工に注力しています。
 グロバリゼーションが進展する中で、我々の事業環境や顧客ニーズも目まぐるしく変わりますが、ステークホルダーの期待に応え続けることで、企業の永続は可能だと考えます。また、変化の中にこそビジネスチャンスがあり、チャレンジし続けることが企業の責任だと考えています。

代表取締役社長 十川 義輝

関西オークラ 全景